Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/users/0/chicappa.jp-pekoli/web/blog/class/View.php on line 25

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/users/0/chicappa.jp-pekoli/web/blog/class/View.php on line 30

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/users/0/chicappa.jp-pekoli/web/blog/class/View.php:25) in /home/users/0/chicappa.jp-pekoli/web/blog/class/View.php on line 81
Happy day::AXIS

カレンダー
<< March 2024 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
サイト内検索
カテゴリ
過去の記事一覧
最新のコメント
ブックマーク
PEKOLI

AXIS

Appleのサイトに使われてるフォントはなんだろう?と思って、
ヒラギノかなぁ、いや、違うなぁ、なんて、フォントを当てはめてたことがあった。

ちょっとクセがあるんだけど、それでいて、シンプル。
いいなー、このフォント…と思ったら、

http://www.typeproject.com/product/inuse.html

このAXISというフォントを使っているようです。
お試し版があったので、早速ダウンロードしてみました。
まだ使ってないんだけど、早く使ってみたいなぁ!!


かつては、見出しゴシックばかり使ってた頃もあったけど、
近年のデザインの風潮として、細いフォントをあえて使うことが多いようだね。

そして、かつては、文字詰め作業はデザイナーとして必須だったけど、
近年は、あえて文字間を空けるデザインが多い。
文字間を空けるには、行間のバランスも大事で、
これが、たまに行間が詰まってる上に、文字間を空けてるため、
文章として、とても読みづらいデザインがたまにある。
文字間を空けるならば(そういうデザインにするならば)、行間を空けて、
全体的なバランスを見ないと、文章の内容が良くても、読みづらいものになってしまいます。

逆に、行間をぐっと、あえて縮めて、インパクトを与えるデザインもある。

要するに、読ませるものなのか、インパクトを与えるものなのか、
訴える要素によって、文字のバランスも様々な表現方法がある、ということですね。

元アナログデザイナーとしては、
文字にも命を吹き込みたいと、いつも思ってます。
固定リンク * コメント(0) * トラックバック(0) * この記事を編集する