カレンダー
<< December 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
サイト内検索
カテゴリ
過去の記事一覧
最新のコメント
ブックマーク
PEKOLI

ダイエット①

さて、ダイエットネタです。

思い起こせば…小学5年の頃からダイエットに励んでました。。。
しかし、どんなダイエットやっても、一度も成功した試しがありません…でした。
痩せたといえば、環境の変化や体調の変化などで食欲がなくなった時のみ。
その時は、3キロ~6キロ痩せまして。

いろんな運動やダイエット法を取り入れても、うまくいかなかった。
なので今回は、いろんな方法を取り入れて、自分流にミックスしてスタート。
ダイエット開始から37日目の現在、
体重は3.5kg、ウエストは6cm減りました。

人それぞれ、自分に合ったダイエット法があると思いますが、
私のダイエット法を、ここでちょいとご紹介。



まず、スタートする上で大事なこと。

1)自分のためにやる。

これ、けっこー大事なことなんですよ。継続させるのに、大事な要素です。
たとえば技術を磨く時と同じように、努力したことは、必ず結果として出ます。
なので、ダイエットも自分のために、努力して結果を出しましょう。


2)期間を決める。

1週間など、極端なダイエットは避け、短くて2~3ヶ月。
逆にあまり長いスパンで計画をすると、明日から、明日から、と延び延びになるので、
3ヶ月なら3ヶ月、半年なら半年、と期間を設け、テンションを保ちましょう。


3)無理をしない。

無理をしすぎると、その反動が来るので、
自分にとって、極端な無理は避け、マイペースで進めていきましょう。
たまにお菓子をいただいたり、友達とのランチやディナーのお誘いがある時は、
ダイエット中だからとストップするのではなく、
その時はその時で楽しむようにして下さい。
ダイエット中であっても、私はその時間や、いただいたものをおいしく食べてます。
ただ「すぎない」こと。食べ過ぎない、飲み過ぎない。
私はそこそこセーブしつつ、その時間を楽しんでいます。


4)停滞期は必ず来る。

人間の体の機能として、停滞期は必ず来ます。
今、ちょうど私は停滞期に突入しており、この1週間、体重はビクともしません。
でもこれは、たとえば遭難した時に飢餓状態で死ぬのを体が未然に防ぐ、
そうした機能を持ってるため、これ以上痩せないようにストップさせるわけです。
ダイエットにおいては邪魔に思える機能でも、体にとっては大事な機能。
そのことがわかれば、停滞期が来たとしても、焦らず乗り越えていけるのです。
なぜなら、その期間が過ぎれば、また体重は減少するからです。
ここで挫折しないよう、じっくり腰を据えて、取り組んでいきましょう。


5)ダイエットは、食事制限と運動を取り入れる。

過去の自分の経験から、食欲なくなって体重が落ちた時は、
太って伸びた皮膚が戻らなかったことがありました。
ここで運動を取り入れることで、伸びた皮膚も戻していきましょう。


6)自分を知る。

自分にとって、好きなことは何か。
私は体を動かすのが好きです。
でも子供がまだ小さい+仕事が多忙なため、ジョギングする時間もジムへ通う時間もない。
そこで、家で出来る運動を取り入れました。
継続させていくには、自分が好きなこと、やれることを取り入れるのがベストです。



以上、スタートさせる上での心構えです。
何度やっても失敗しかしなかった私が、実際に経験して学んだことです。

次回は、どんな方法をやっているかを、徐々にご紹介していきたいと思います。
固定リンク * コメント(2) * トラックバック(0) * この記事を編集する

カラダにオススメ

すでに40代に突入してるお年頃のせいか、
ここ最近、ナチュラル製品にとても興味があり、
可能な限り、手の届く範囲で無添加を愛用しています。

私は一家の大黒柱であり、かつ同時に母でもあるため、
コスト計算だって、もちろんいたします。
1日あたりのコストを計算し、自分の生活に見合ったものを使っています。


そんな中で、特にオススメの商品をご紹介。

※人それぞれ合う合わないはあると思うので、サンプルで使ってみたりして、
 ご自分に合ったものをセレクトしてくださいね(^-^)


私は、無添加の石けんシャンプーを使ってるので、
髪がギシギシきしむわ、ゴワゴワするわで、まるでオバサン化してた私の髪…。
なんとかならないかと、ある日、椿油を買ってみたところ…
わずか2~3滴で、髪の指通り滑らか!サラッサラになりまして。
ブラッシングした時に、いつもなら突っかかるところ、突っかかりもせず、
滑らかにブラッシングできて、感動しました。

60ml入ってるので、1回につき2~3滴なら、半年くらい持つかもしれませんね。
トリートメントにお金をかけるより、わずか数滴の椿油でサラッサラになります。
ただし多量に塗布すると、数日お風呂に入ってない頭になってしまいますので(^-^;
ご自分で適量を検討されてくださいね。


私はホームセンターで買ったのですが、楽天で探したら、
もっと安いのがありました!!(^0^)/




もちろん成分は、100%天然のカメリア種子油のみ!!
添加物等、一切入っておりません(^-^)





そして、ただいま大絶賛でオススメの商品がコチラ!!
(私、一体何者…笑)




何度か、糸島の方にある酵素風呂へ行ったことがあるのですが、
初めて行った時の感動は、今でも覚えています。
なんの手入れもしてこなかった私の肌が、
友達の目から見ても、明らかに毛穴が引き締まってたそうです。
手触りも、本当にスベスベして、こんな肌、一体何年ぶり(軽く20年てとこか?)
というくらい、ビックリ感動しまして。

でも糸島まで行くのに、片道1時間半。
酵素の良さは知ってはいても、なかなか定期的に行くことができず。



で、最近ダイエットも始め(ここはのちほど説明します)、
大高酵素のサイトで商品をあれこれ見ていたら、このバスコーソを見つけたのです。

大高酵素のリピーターは、長い人はとにかく長く、何十年もご愛用されてる方もいるほどで、
そこに私は安堵したというか。
また、開発した歴史がとても長く、パッケージを見てもわかるように、
昭和の香りがする…というか、
デザイナ職人である私からすると、そこに「職人魂」を感じるのです。
近年、職人と言われる方は、時代の変化に伴い、めっきり少なくなったと思いますが、
長年、この製法を守り続けてる、そこに職人魂を私は感じました。


そして現在、このバスコーソとともに、ほぼ毎日湯船につかっているのですが、
これ、実際にバスコーソ入れて、試してみてくださいな。
ほっんと、お肌スベスベですぞ!!
そして湯冷めしません。体中ポカポカします。
冬場には、持ってこいです。


サイトの説明には、1~2袋を、3~4回使用、と書いてありますが、
私は5回は使用…したい(笑)
5回使用するとして、1袋1回あたり63円のコストです。
1袋1回63円で、自宅で酵素風呂が満喫できちゃうのです。

お湯は、半身浴できるくらいの高さまで入れ、
バスコーソを揉みながら、酵素エキスを出す、というか。
そして、お湯に浸したバスコーソを顔の上に置いて酵素パックを。
それを何度も繰り返します。
そのバスコーソの入ったお湯を、
体を洗う時も、シャンプーの時も、もちろん洗顔の時も、全部使います。
おかげさまで、お肌スベスベです♪


楽天の方のレビューを読むと、
男の子の臭い(成長期の男子特有のニホイ)が消えた!とか、
浴槽に水垢がつきにくくなった!とか、
レビューこそ少ないものの、いずれも高評価です。
あまり知ってる人がいないのかな?
でも、ホントにオススメですぞ~!!(≧▽≦)ノ




…てなことで、他にもオススメを、じわじわご紹介していきたいと思います。

固定リンク * コメント(0) * トラックバック(0) * この記事を編集する

Ultra man

39103319_1367498531_6large.jpg

"Go away, Ultra man!!"

What happened!!!!!!!!!!!!



39103319_1370030894_164large.jpg

What a nice hat...
But this hat was already sold out...
What a pity.
But I'm sure, a lot of Japanese are walking with this hat on.
固定リンク * コメント(0) * トラックバック(0) * この記事を編集する

I like Spanish.



I knew I like Spanish.
I can understand it just a little. Ha ha.

Shakira is very nice.
Sí, muy guapa!! :D
固定リンク * コメント(0) * トラックバック(0) * この記事を編集する

She is so beautiful.



Wow, what a nice tour.
One day, I would like to go to Shakira's tour. :-)
And if I can, I would like to go to Morocco.
Nice country. :-)

And I would like to see people all over the world.
It's my dream. :-)
固定リンク * コメント(0) * トラックバック(0) * この記事を編集する
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11